クレジットカードの申込みと審査

クレジットカードの申込みと審査

クレジットカードの申込みと審査

クレジットカードを所有するためには、カード会社に申込みをして審査に通らなければ、クレジットカードを発行してもらえません。クレジットカードの申込みと審査について調べてみました。クレジットカードの申込みをした際に審査がある理由は、カードの利用者が、返済の遅延や返済不能になってしまう可能性があるかどうかを調べるためです。

 

使ったお金を払わない客にクレジットカードを発行しても、カード会社に損が出るだけです。審査ではまず、多重債務に陥っていないかをチェックします。それぞれクレジットカードの会社ごとの基準があり、審査をクリアすればクレジットカードを発行してくれます。審査をクリアできないこともあるようです。

 

申込用紙への記入が不正確であったり、無記入の項目がることが原因で審査に落ちてしまうこともありますので申込時にはしっかり確認しましょう。調査をする大切な書類に誤字や偽りが多かったり、住所や勤務先などの重要な項目が無記入になっている場合には、信用に値しない人という印象を与えてしまうこともあります。

 

勤務年数が少なかったり、転職回数が異常に多い場合などもむずかしいようです。一カ所の職場にずっといることができないと、今の仕事をやめた時などに収入が激減してしまって身動きが取れなくなるリスクが懸念されます。クレジットカードの申込をしても審査に通らないことがあります。

 

おおよその予想はつきますが、クレジットカードの審査結果は受けてみなければわからないこともありますので、申込みは慎重に行う必要があるでしょう。