Edyのクレジット一体型カードの注意点

Edyのクレジット一体型カードの注意点

Edyのクレジット一体型カードの注意点

Edy機能とクレジットカードの一体型は便利な存在ですが、注意したいこともあります。どれだけ自分が利用したか金額を分かっておくということができなくなるという話があります。

 

さらに状況が混乱しやすいのは、Edy以外の電子マネーを同時に利用しているという人です。どのカードの利用金額が何円で、残高が何円で、今月のクレジットカードの利用金額が何円で、という情報が錯綜するためです。

 

特に意識することなくたくさん使ってしまうことがあります。さらに使い勝手が悪いのは、Edy一体型クレジットカードを落としたり失くしたりしたときです。失くしてしまったら、かなり便利に使用しているものなので困ってしまうに違いありません。

 

再発行の手続きも煩雑になりますので、カードの管理にはくれぐれも注意をしましょう。要注意なのは、Edyクレジット一体型は、すべてのEdyの電子マネーを使い終わってからしかクレジットカードの解約ができないということです。

 

利用期間が過ぎたクレジットカードを、とくに気にすることもなく裁断処理することがあります。カードにチャージしていたEdyの電子マネーが丸ごと紛失してしまいます。

 

カードは一緒になっていますが、分かれているのはクレジットカードと電子マネーの機能です。たとえ一体型であっても、EdyはEdyとして、クレジットカードはクレジットカードとして扱うことが不可欠だといえるでしょう。