キャッシングとブラックリストとは?

キャッシングとブラックリストとは?

キャッシングとブラックリストとは?

ブラックリストに入っていると、キャッシングを断られるのではないかと危惧している人は多いようです。一体、ブラックリストとは、何なのでしょうか?よくブラックリストと言われますが、実際にはそういうものはありません。

 

ローンやキャッシング、クレジットカードの手続きをすると、必ず審査があります。審査の内容は各社によって違いますが、信用情報会社の情報照会は、必ず行われます。そこには過去のキャッシング状況のほか、過去に延滞や返済不能などが載っています。

 

自己破産をしたことがあるかや、債務整理をしたことがあるか、返済トラブルを起こしたことかあるかなどがわかってしまいます。返済を遅らせたことがあるような人は、審査の評価が不利になってしまいます。

 

ブラックリストという表現は、信用情報会社に自己破産や延滞の記録が残されており、金融会社の審査にはまず通らない状態にあるような人のことを指しています。ブラックリストに入るような状況とは、過去に返済に関するトラブルを起こしたことがある人だけです。

 

大口のキャッシングを受けていても、滞らせずに返済をしていれば、それは返済実績としてプラスに評価されます。自分がブラックリストに入っているかは、信用情報機関に照合すればわかります。

 

身分証明書を出し、開示に必要な手続きをとることで、自分の信用情報がどうなっているかがわかります。信用情報会社の情報は、外部に出ないように厳重に管理されています。事前に自分の信用情報を照合してから、キャッシングの申し込みをすることで、ブラックリスト関係の懸念は排除できます。