自己破産をするとブラックリストに入る

自己破産をするとブラックリストに入る

自己破産をするとブラックリストに入る

もしも、融資を受けたものの返済ができずに自己破産をすると、ブラックリストに入ることになります。自己破産をしたという情報が、信用情報会社に登録されることで、ブラックリストに入ります。キャッシングやローンの利用歴が残されているところが、信用情報会社です。

 

自己破産だけでなく、延滞や、ローンの返済状況など、キャッシングの返済実績について確認できます。信用情報機関に照会をすることで、金融会社は審査の判断根拠としているわけです。信用情報機関に照会をすることで、自己破産をしていないか、滞納をしていないか、融資を受けすぎていないかが確認できます。

 

具体的な審査のやり方はキャッシング会社ごとに異なりますが、信用情報会社に自己破産の情報があり続けると、大抵審査には通りません。5〜7年は、自己破産の情報は記録として残されているでしょう。クレジットカードをつくるための審査も、自己破産情報が残っている限りは通りません。

 

場合によっては、融資を受けたいけれど自己破産しているという人に、非合法な金融会社が融資の話を持ってくることがあります。このような業者は、ヤミ金融とも呼ばれています。自己破産してしまい、融資が受けられない状況のはずなのに、誘いをかけてくるような金融会社があれば、その話には何か裏があるのかもしれません。

 

悪徳業者は、自己破産をして借り入れ先が決まらない人の足元につけこんで、高金利での融資をさせようとしてくるのです。自己破産をしたら、生活水準が一気に楽になるということはまず考えられないことです。もしも自己破産が希望通りに進んだとしても、次にいつ何が起きるかわからないと心得て、慎重に行動することが大事です。