キャッシングの申込みをする時の審査

キャッシングの申込みをする時の審査

キャッシングの申込みをする時の審査

審査は、キャッシングには必須です。返済能力のある顧客に融資を行うために必要なものが審査です。審査によって、返済ができる顧客かを判断するのです。キャッシングの審査とは、一体、どういったことをしているのでしょう。

 

少額融資のキャッシングでは、銀行のローン等と異なり、保証人や、担保がない顧客にも、融資を行う金融サービスとなります。ですから、お金を貸す側のキャッシング会社にしてみれば、貸し倒れになった際に、それを保証してくれる人や物がないわけです。

 

キャッシング会社が審査をするのは、貸したお金を確実に返せる客にのみ、融資をしたいからです。審査では、年齢、性別、年収、職業、家族の有無などをもとに判断します。金融会社によって審査の基準は違いますが、大まかな傾向はあります。

 

他社のキャッシングを利用中でないかや、過去のキャッシング利用履歴に問題はないかなどもチェックしています。現在の会社に何年勤めているかも大事ですし、年収は高さもそうですが安定性も重視されます。信用の高い客だと思われるためには、年収の高さばかりでなく、勤続年数が長いこともポイントです。

 

キャッシング可能な年齢は20歳以上なので、20歳を越えているならが、学生でも融資を受けることが可能になっています。学生に融資を行う時には、連帯保証人を必要とする金融会社もあるようです。他の会社でキャッシングの利用があり、まだ返済中の場合、新たにキャッシングをした際には、さらに返済金額が増えることになります。

 

複数のキャッシングの返済が可能な客だと審査で結果が出た場合は、キャッシング会社は融資を行います。過去に返済を滞らせたり、借り倒したことがなければキャッシングの審査はOKが出やすいですが、無理なく返せる範囲でのみ借りることが大事です。