クレジットカードの現金化※換金率と運営年数を重視しよう

実際に私が使っている会社をご紹介します

私が最初にクレジットカードの現金化をしたのは3年くらい前です。その当時はネット検索で出てきたサイトに申し込みました。

 

その後、『換金率』という言葉に出会います。クレジットカードを現金化する会社は、この換金率で儲けています。

 

たとえば、私が10万円のクレジット枠を90%の換金率で申し込んだ場合、私の口座には9万円が振り込まれ、そちらの会社は1万円の利益になるわけです。

 

『じゃ、換金率がとにかく高いところでお願いしたらいいんじゃないの?』

 

『その通り!』

 

なので、実際に私が使っている会社をご紹介します。

 

過去に3社くらい使いましたが、一番良かったのが、『現金化のらいふ』です。

 

換金率が高いのがとてもよかったです。

 

それと、会社運営年数が高い、『ファミリークレジット』もおすすめできます。運営年数が長いというのはそれだけ実績がきちんとしている証拠ですね。

 

あと、ネットで評判がいいのが、『ココクレカ』ですね。特に、女性に評判がいいです。

 

いま紹介した3社は大手ということもあって換金率は申し分ないと思います。あとは、キャンペーンがたまに開催されています。

 

『初回3%アップキャンペーン』とか『春の還元率アップキャンペーン』とか。

 

そのときは、キャンペーンをやっているところが一番お得になるので、そこでクレジットカードの現金化をお願いしてください。

 

また、現金化しようとしている金額によっても換金率が違ってきますので、きちんと比べてみてくださいね。

 

比べるのが面倒だという方は、私が使っている『現金化のらいふ』でいいと思います。

クレジットカードの現金化

クレジットカードはとても便利な機能を持っています。クレジットカードは、現金がなくても決済可能なカードです。お金が入ってくる日が後日でも、支払いを分割や翌月払いにすることで、今お金がなくてもものを購入することができます。

 

クレジットカードはショッピングに使うだけでなく、現金化して一時的にお金を手に入れるという使い方も広まっています。テレビで紹介されることもあり、ネットなどでは口コミサイトでクレジットカードの現金化について話題になっています。

 

では一体、クレジットカードの現金化とは、具体的にどうやって行うのでしょうか?クレジットカードを現金化するためには、まずクレジットカードで買い物をし、その商品を売ってお金を得ます。

 

一番よく行われるクレジットカードの現金化がこのやり方ですが、より合理的な現金化の方法がいくつかあります。現金化に関する取り決めを業者と作り、高級な商品を低価格で売ったと見なして手数料との差額を現金でもらうという方法です。

 

現金化をする業者が新幹線や旅行の切符の買い取りを指定し、クレジットカードでそれらを買って業者に売却するという方法もあるようです。

 

クレジットカードについているショッピング機能で商品を購入し、それを売るというショッピング枠を活用してお金を得るやり方です。クレジットカードの現金化は、それを実行に移す業者が介在しています。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカードを現金化することですぐにお金が手に入ることはとても魅力的です。よく行われる方法では、クレジットカードを現金化するノウハウを持った会社に手続きを依頼します。1日経たずにして現金化が可能な業者も存在しています。

 

そのクレジットカードで使えるショッピング枠があれば、限度いっぱいまで使って現金化をすることになります。個人の場合でもクレジットカードを使って買い物をし、リサイクルショップや質屋に持っていけば現金化することは可能です。

 

とはいえ専門の業者を仲介することで、より換金率をよく現金化させることができます。クレジットカードを使って現金を手にした場合、その現金化の返済日はクレジットカードの引き落とし日や商品決済ぶんの支払日に当たります。

 

現金化した際にはすでにかなりの買い物をしているので、当然支払い請求額も高額になります。クレジットカードの現金化は、どうしてもすぐに現金を手にしたい人が利用するケースが多いようです。

 

しかし、クレジットカードを現金化した時に問題なく返済ができるのか、利用する前に検討してみてください。多くの場合、クレジットカードはショッピング枠の7割〜9割までしか現金化できません。

 

クレジットカードを現金化するに際しては、各業者の換金率をあらかじめ調べてから判断することも重要なことです。

 

現金化のらいふ
ファミリークレジット
ココクレカ